HOME>レポート>定期的なメンテナンスが大事!薪ストーブの扱い方

定期的なメンテナンスが大事!薪ストーブの扱い方

薪ストーブ

薪ストーブの魅力と導入方法

薪ストーブの魅力として部屋全体をほんわかと温めることができます。そして、燃えているところをガラス窓を通して見られるため、心も落ち着かせることができます。特に、欧州好きの人はこだわって設置をする人が多いです。ちなみに、薪が燃えるときの音や匂いも独特であり、その点も魅力の一つです。そして、薪ストーブを使って料理もすることができ、煮込み料理や焼き物も炎の強さを調整できるため活用して楽しむことができます。実際に導入するにあたって新築では専用にスペースを作るのですが、後付けもできます。後付けの場合には本体の重さに耐えられるように補強するなど、断熱の改修工事をする必要があります。そして、メンテナンスの面では煙突掃除が重要です。構造によって自分でもできますが、燃焼力に影響するため業者に依頼して行ってもらうこともできます。

薪ストーブ

メンテナンスをしっかり行なおう

薪ストーブは薪を使うため煤が溜まりやすいです。そのため、定期的に煙突掃除などのメンテナンスをする必要があります。煤が溜まる原因としては、空気を絞りすぎて燃焼させていたり、十分に乾燥していない薪を燃やしたりすることで増えてしまいます。そのため、最低でも1年に1回は煙突掃除をして、快適に使えるようにすることが必要です。そして、構造によっても異なりますが、自分でも煙突を外して掃除をするということも可能です。煙突ブラシやワイヤーブラシを使って擦り落としていきます。ちなみに、分解して行うのであれば手順をしっかりと確認してから計画的に行うことが大切です。とはいっても、快適に薪ストーブを使うためには、部品の変形やガスケットの交換などが大切なため、専門業者に依頼をすることも必要です。料金としては1万円から4万円ほどになっています。業者では構造を理解しているため安心してメンテナンスを任せることができます。